2つのステアリングシステムを比較してみた



ステアリングは運転手席の正面にある丸いハンドル(ステアリングホイール)クルマの方向を変えたい時に、時計回りや反時計回りにハンドルを回転させることで進行方向を変える重要なシステムをさしていいます。 構造的な分類で大きく2つに分類されており、ラック&ピニオン式と呼ばれるものと、リサーキュレーティングボール式に分類されている。

個別に見ていくと、ラック&ピニオン式はステアリングシャフトの先端に取り付けられたギアとシャフトに刻まれたラックギアのギア同士が直接噛み合うシンプルな構造を利用しているが、ハンドル操作時のキレ直接感じ取れる。 また、構造がシンプルということも相まって軽量化をはかるクルマなどには最適なシステムである。

剛性が高いのと反応性にも優れているいうのも特長で、それを活かしてスポーティーなクルマなどにも多数使われているようです。 その反面、走行時のタイヤから伝わる路面の衝撃や振動などがハンドルから運転手にダイレクトに伝わってしまうという点があり、ゆったりと走行したい人や高級車にはふさわしくないシステムなのかもしれない。

そんな理由からか、走行性重視ではないクルマにはリサーキュレーティングボール式が使われることもあるようです。 このシステムは、多くの金属ボールを使ってタイヤを操作するのでハンドルに伝わる振動が軽減されるという利点がある。

しかし、ラック&ピニオン式と比較して、コストが割高であるとか、運転時の感覚が鈍いとか、センターの遊びが多いなどの声を耳にします。 ラック&ピニオン式と、リサーキュレーティングボール式、どちらにも一長一短があり優劣は着けがたいところですね。 スポーツタイプならラック&ピニオン式、高級車ならリサーキュレーティングボール式という考えでよろしいのではないでしょうか。




<