クルマの形状による個性や特徴の違い



車は、排気量の小さい軽自動車、小回りのきくコンパクトカー、シートの配置が3列になっているミニバン、4ドアで3ボックスのセダンやセダンの後部座席以降が延長され、ラゲッジルームが大きく確保されたワゴンタイプなど、多種多様なカテゴリー分けがされている。

さらに細分化すると、ボックスにより1ボックスや2ボックスといったボックスタイプに分類される。 1ボックスは、車全体を1つの箱に見立てて呼称されており、運転手の下にエンジンが配置されボンネットと呼ばれる部分が極端に短くなっている。 街中を走行していて頻繁に見かける車種と言えば、トヨタのハイエースあたりでしょうか。

1ボックスは以前より、ボンネット部分長めに造られている車種が増えているが、これは衝突時の安全性を考慮して設計された結果で現在はこれが1ぼっくすの主流になっている。 これに対して、運転手などが乗るスペースの前にエンジンなどが搭載されているエンジンルームがあるのが2ボックスで、ボンネット部分は1ボックスのそれより長く設けられております。

コンパクトカーやミニバン、ハッチバックタイプの車種がこれに属し、ミニバンなどは今やファミリカーとしての人気も定着している。 3ボックスは通常あまり表現されることはないが、セダンタイプがこれにあたる。 通常、後部座席の後ろにトランクがついているものが3ボックスと呼ばれるが、総じてセダンと呼ばれているのが実情である。

ここ最近のニューモデルの登場の傾向などを見ていると、エンジンの燃費効率などを考えた車が多く販売されている。 そう考えると、小さめの車体が多い2ボックスの車が良いとなるが、1ボックスや3ボックスの車にもそれぞれの特徴、魅力があるのも事実。 カテゴリー別の特徴を把握して買うべき車を探しだしてください。




<